• ニュース

  • 2021 Tour of Japan News

栗村修のワールドツアーへの道 更新「2021ツアー・オブ・ジャパンの大会概要を発表」

101841_02.jpg
先週の土曜日(4月3日)に「2021ツアー・オブ・ジャパン」のオンライン公式記者発表を開催し、2021年大会の概要を発表いたしました。



2021ツアー・オブ・ジャパン オンライン公式記者発表




2021ツアー・オブ・ジャパン オフィシャルサイト



以下、2021年大会の開催決定に至る流れをまとめました。



◯2度目の緊急事態宣言発出の影響により入国制限が再び厳しくなり、海外チームの招聘が困難となる(アスリートトラックも停止)

◯2021年2月末時点で大会開催可否基準(海外5チーム以上を招聘)を満たすことができずに8日間8ステージでの開催を一旦見送り

◯UCI(国際自転車競技連合)との協議の結果、2クラスへダウングレードすることで、国内チームのみで開催できる可能性が浮上

◯各ステージの実行委員会とも協議を重ね、各地域の新型コロナウイルス感染症に対する考え方や、大会を開催する上での最低条件、各種予算面などを多角的に検証した結果、富士山・相模原・東京の3ステージ開催にて2021年をなんとか乗り切り、2年連続開催中止による大会消滅の危機をなんとか回避するという決断に至る



2021ツアー・オブ・ジャパンの大会トピックは以下の通りです。



◯2021年5月28日〜30日の3ステージ開催(本来は8ステージ)

◯昨年のコロナ禍以降国内では初開催となるUCI公認ロードレース

◯UCIアジアツアークラス2で開催(本来はクラス1)

◯富士山ステージは東京五輪TTコースを採用し全長79kmにスケールアップ

◯初登場の相模原ステージは市街地の橋本公園をスタートし東京五輪のロードコースを一部採用した贅沢なコース設定

◯東京ステージは大井埠頭の周回コースのみで開催

◯新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で有観客にて開催予定



以下、コース情報となります。



富士山ステージ コース情報

相模原ステージ コース情報

東京ステージ コース情報



2021ツアー・オブ・ジャパン オフィシャルプロモーションムービー