• ニュース

  • 2021 Tour of Japan News

2021ツアー・オブ・ジャパン 開催に向けた全8ステージのコメント

コロナ禍での開催となる「2021ツアー・オブ・ジャパン」は、地域によって新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境などが異なることから、残念ながら今年は規模を縮小しての開催となります。

しかし、全8ステージの想いは一つであり、再び8ステージでの開催を実現するために2021年をなんとか乗り切っていく所存です。

以下、「2021ツアー・オブ・ジャパン」開催に向けた全ステージのコメントをご紹介いたします。


ツアー・オブ・ジャパン 堺ステージ
「2021ツアー・オブ・ジャパン堺ステージは、残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響で大会開催を断念せざるを得ませんでした。その中で、富士山、相模原、東京の3ステージ開催は、東京五輪に向けての弾みになるでしょう。大仙公園を挟んで世界最大の墳墓である仁徳天皇陵古墳のある堺ステージ。2022年は全ステージが開催できるよう祈念します。」

ツアー・オブ・ジャパン 京都ステージ
「京都ステージでは、自転車ファンのみならず地域の方々や地元の子ども達からTOJの開催を楽しみしている声が毎年多く届いている中、コロナ禍の影響によって2年連続で開催が見送りとなったことは非常に残念でなりません。京都ステージ実行委員会といたしましては、2021TOJ開催の3ステージ様のご成功をお祈りするとともに、TOJの歴史を紡いでくださる関係者の皆様に感謝を申し上げます。最後に、コロナ禍ではありますが、出場される選手、自転車ファンの皆さん、TOJを大いに盛り上げていただきまして、2022TOJの開催時にまた京都でお会いしましょう!」

ツアー・オブ・ジャパン いなべステージ
「今回、いなべステージは、コロナ禍の影響によって止む無く開催を見送ることになりましたが、富士山、相模原、東京の、3ステージでの開催決定の朗報は、2022年のステージ開催に向けて明るい希望の光を灯してくださいました。颯爽と走るサイクル・アスリートらの車列が、いなべの青い山並みと、新緑の田園風景にキラリと光輝く光景は、定番の風物詩であり、市民一同、いなべが、とても元気になるスポーツ・エンターテイメントとなっています。富士山、相模原、東京、3ステージの成功と、来年こそ、再び全ステージ揃っての開催をいなべステージスタッフ一同、心より願っています。」

ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージ
「TOJ美濃ステージは、美濃市の伝統的祭りである「美濃祭り」と並ぶ美濃市の一大イベントとして、市民が一体となって選手・関係者を迎えて取り組んでいます。昨年・今年と2年連続でコロナ感染症の影響のためTOJ美濃ステージが中止となり残念でなりませんが、伝統的な文化と新しいTOJ美濃ステージを融合させた魅力ある美濃市創りを目指して邁進していきます。来年こそ必ずTOJ が全ステージ開催できること願うと共に、自転車文化の発展とTOJを通じて日本人選手が世界で活躍する日を楽しみにしています。2021TOJは3ステージの開催となりましたが、TOJ選手が東京オリンピックで活躍できることを期待し応援しています。」

ツアー・オブ・ジャパン 南信州ステージ
「昨年に引き続き、2021ツアー・オブ・ジャパン南信州ステージは、新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を見送る運びとなりましたが、富士山、相模原、東京ステージの開催決定は、大会のテーマにも掲げられております、「日本の地域を元気にする社会貢献型のスポーツイベント」として、日本中のサイクリストをはじめとしたアウトドアスポーツに親しむ多くの皆さんに希望や元気を与える大会となりますことを心からお祈り申し上げます。」

ツアー・オブ・ジャパン 富士山ステージ
「2021ツアー・オブ・ジャパン富士山ステージは、例年よりも大幅にコースを拡大し、2020東京オリンピック・パラリンピックのロードレースのゴール地点にもなります富士スピードウェイをスタート地点に、2020東京オリンピック・パラリンピックの個人タイムトライアルの公道区間を周回コースとして採用し、この周回コースを4周半してから恒例の激坂ふじあざみラインを経て富士山須走口五合目をゴールとする魅力的なコースに変貌します。今年、残念ながら実施しないステージの皆様のご期待に沿えるよう2021ツアー・オブ・ジャパンを盛り上げていきたいと思います。」
ツアー・オブ・ジャパン富士山ステージ実行委員会長 池谷 晴一

ツアー・オブ・ジャパン 相模原ステージ
「相模原ステージは、2021年が初開催となります。今回は、新型コロナウイルスの影響により8ステージ全てが参加する本来の形で開催できず、大変残念です。しかしながら、国内において約1年半振りとなるUCI公認レースとして、本年7月の東京2020オリンピック自転車ロードレース競技の盛り上げに繋げるとともに、今回実施を見送られたステージの皆様と来年のTOJで御一緒できることを願いながら、スタッフ一同全力で取り組んでまいります。2022年大会は、8ステージ全てが揃って開催できることを心から楽しみにしております。」

ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ
「2020年は世界中を襲った新型コロナウイルス感染症の影響により、ツアー・オブ・ジャパンの開催を断念せざる得ない状況に追い込まれてしまいました。様々な経済活動が停止を余儀なくされ、東京五輪をはじめとした多くのスポーツイベントも開催延期や中止の判断を行いました。国内に6つあるUCI公認国際自転車ロードレースも軒並み開催中止となり、近年盛り上がりつつあった”自転車ロードレースを利用した街おこし”という希望の灯もすべて消えてしまう形となってしまいました。そんな中、2021年のTOJは、コロナ禍以降に日本で開催される最初の国際自転車ロードレースを目指します。2021年大会を完全な形で開催できないことはとても残念なことですが、それでも、開催を断念せざるを得なかったステージの皆様の気持ちを受け取り、大きな決意をもってこの国の国際自転車ロードレースの再始動に挑戦していく所存です。」