メニュー

コース紹介

京都ステージコース紹介

第2ステージ/105km

100514_01.png


< 普賢寺ふれあいの駅(パレードスタート)>

玉露や一休さんで有名な京田辺市内にある普賢寺ふれあいの駅からパレードスタート。同志社大学 京田辺キャンパス内をまわってから、1周16.8kmの非常に美しい周回コースへと入っていきます。

< けいはんなプラザ(ゴール地点)> [0]

ゴール地点となるのは精華町にある関西文化学術研究都市の中心に位置する「けいはんなプラザ」前となり、美しい自然と近代的な街並みが絶妙に調和する抜群のロケーションのなか、選手たちが熱い戦いを繰り広げることになります。

< 鳥谷池> [0] → [1]

ゴール地点の「けいはんなプラザ」から徒歩圏で観戦に行ける最初の上り坂セクション。「鳥谷池」手前にある右ヘアピンコーナーは絶好の観戦ポイント。
※上り区間の一部はコース幅が非常に狭いので観戦の際は十分に注意して下さい。また、選手はコースのイン側を走るので、アウト側で観戦するのが基本となります。

< 山岳ポイント(KOM)> [2]

「鳥谷池」に向けた最初の上りセクションを終えても「KOM(山岳ポイント)」に向けてまだまだ上りは続きます。府道65号線から左に入り「KOM」争いが本格します。

観戦時の注意事項
・コース全体を通して下り区間での観戦には十分注意して下さい。
・「5」 の「梅の木峠」から下り区間は基本的に観戦禁止エリアとします。


100514_02.png

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ