メニュー

TOJ ヒストリー

History

1st TOUR OF JAPAN

1996年5月18日~26日

ドゥラカが修善寺の山岳で今中を封じ込めて初代王者に。

1st TOUR OF JAPAN

前年まで開催されていた国際サイクルロードレースがUCI(国際自転車競技連合)公認大会となり、ツアー・オブ・ジャパンとその名を一新。第1回大会はプロローグと6ステージで争われた。海外チームはナショナルチームによる編成で、国内外の総勢90選手がスタート。初日の2.5kmタイムトライアルを制したのが、アコム・ラバネロに所属するスイス選手、ローラン・ミューラー。ミューラーは総合トップのジャージを獲得すると、続く大阪ステージでも首位を守ったが、鈴鹿でイタリアのエマヌエレ・ネグリーニにトップの座を譲った。富士では8人がアタックを決め、この中からジャンフィリップ・ドゥラカが総合トップに。勝負どころの修善寺でドゥラカは今中大介らと逃げを決め、今中にステージ勝利を譲るもののリーダージャージを死守。宇都宮、東京とフランスチームのアシストを受けてライバルの反撃を封じ込め、初代総合優勝者となった。

1st TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
プロローグ 2.5km[TT] ローラン・ミューラー(アコム・ラバネロ) 3:02
大阪ステージ 140.8km エマヌエレ・ネグリーニ(イタリア) 2:59:25
鈴鹿ステージ 140.736km オリビエ・ウブラール(フランス) 3:08:17
富士ステージ 134.1km デピット・ルファーブル(フランス) 3:08:35
修善寺ステージ 136km 今中大介(日本プロサイクリスト協会) 4:13:00
       敢闘賞 ネーザン・オニール(オーストラリア)
宇都宮ステージ 154.5km ネーザン・オニール(オーストラリア) 4:17:12
       敢闘賞 ロバート・ドゥプール(MBKヤマハ・あづみのPi)
東京ステージ 154.22km バーデン・バルク(オーストラリア) 3:38:21
【個人総合順位】
1位 ジャンフィリップ・ドゥラカ(フランス) 21:28:38
2位 デピット・ルファーブル(フランス) +8
3位 今中大介(日本プロサイクリスト協会) +39

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ