・レース情報

ヒストリー

History

NTN presents 2018 Tour of Japan

2018年5月20日~5月27日

2016年大会で総合2位のリザルトを残しているマルコス・ガルシア選手(キナンサイクリングチーム)が、クイーンステージとなる富士山ステージを制し、アジアでも有数の過酷さを誇るツアー・オブ・ジャパンで個人総合優勝を飾った。また、団体総合でも個人総合でワンスリーフィニッシュを達成したキナンサイクリングチームが見事頂点に立った。

101461_01.jpg

2017年に引き続き世界最高峰のUCIワールドチームであるバーレーンレ・メリダが出場。初日の『堺ステージ』を制したのは「スピードの国」イギリスからやってきたイアン・ビビー選手(JLT・コンドール)。3年目となる『京都ステージ』は、ラスト1kmで集団から飛び出した雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)が見事ステージ優勝を飾る。続く『いなべステージ』は、昨年のステージ優勝者マルコ・カノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)を残り50mでかわしたグレガ・ボレ選手(バーレーン・メリダ)が制覇。初の雨開催となった平坦基調の『美濃ステージ』は、恒例のど迫力集団スプリントに持ち込まれ、プロコンチネンタルチームに所属するミッヘル・ライム選手(イスラエル・サイクリング・アカデミー)が制した。総合争いがはじまる『南信州ステージ』は、最後に二人で抜け出したトマ・ルバ選手(キナンサイクリングチーム)がステージ優勝を飾り、自身2度目となるリーダージャージを獲得。クイーンステージとなる『富士山ステージ』では、リーダージャージを着るトマ・ルバ選手のチームメイトであるマルコス・ガルシア選手(キナンサイクリングチーム)が快走をみせ、ステージ優勝を飾るとともにリーダージャージをチームメイトから引き継ぐ。そして、個人総合最終決戦となる『伊豆ステージ』は、グレガ・ボレ選手が(バーレーン・メリダ)中盤に抜け出してステージ2勝目を飾り、総合では終始レースをコントロールしたキナンサイクリングチームがマルコス・ガルシア選手をしっかりと守ってジャージをキープ。最終の『東京ステージ』は、終盤に最強のトレインを組んだチーム・イルミネイトのマルティン・ラース選手が集団スプリントを制してステージ優勝を飾る。そして、マルコス・ガルシア選手が悲願の個人総合優勝を決めた。なお、日本人選手での個人総合最高順位は総合9位に入った中根英登選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)。また、ポイント賞はステージ2勝を挙げたグレガ・ボレ選手。山岳賞は伊豆ステージでジャージを奪った鈴木譲選手(宇都宮ブリッツェン)。新人賞はクリス・ハーパー選手(ベネロング・スイスウェルネス・サイクリング・チーム)がそれぞれ獲得した。団体総合時間賞では個人総合時間でワンスリーフィニッシュを達成したキナンサイクリングチームがトップとなった。

NTN presents 2018 Tour of Japan WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 2.6km イアン・ビビー(JLT・コンドール) 0:03.12
京都ステージ 105.0km 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) 2:49:29
いなべステージ 127.0km グレガ・ボレ(バーレーン・メリダ) 3:11:57
美濃ステージ 139.4km ミッヘル・ライム(イスラエル・サイクリング・アカデミー) 3:23:59
南信州ステージ 123.6km トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) 3:13:35
富士山ステージ 32.9km マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) 1:19:19
伊豆ステージ 120.8km グレガ・ボレ(バーレーン・メリダ) 3:29:53
東京ステージ 112.7km マルティン・ラース(チーム・イルミネート) 2:23:12
【個人総合順位】
1位 マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) 19:57:25
2位 ヘルマン・ベルシュタイナー(バーレーン・メリダ) +35"
3位 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) +53"

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100075_15.png100075_35.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_40.png100075_32.png100282_08.png100075_28.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100282_11.png100075_42.png100075_29.png100075_30.png100075_36.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブル

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ