・レース情報

ヒストリー

History

17th TOUR OF JAPAN

2014年5月18日~25日

ポルセイェディゴラコール(タブリーズ・ペトロケミカルチーム)が富士山ステージと伊豆ステージで信じられないパフォーマンスを発揮してTOJ初制覇。団体総合もタブリーズ・ペトロケミカル勢がカテゴリーを超えた走りで優勝を飾る。

100090_01.jpg

前年に引き続きイタリアよりUCIプロチームのランプレ・メリダが参戦。一方、アジア最高峰のステージレース『ツアー・オブ・チンハイレイク』と『ツール・ド・ランカウイ』を連勝中のミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ・ペトロケミカルチーム)がTOJに初登場。初日の『堺ステージ』を制したのは、オーストラリアのスピードマン、ウィリアム・クラーク(ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング)。続く、『美濃ステージ』もドラパック勢がスプリントを支配してオランダ人のワウテル・ウィッパート(ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング)がステージ優勝を飾る。最初の総合争いが勃発する『南信州ステージ』は、ピエールパオロ・デネグリ(ヴィーニファンティーニ・NIPPO)が2年連続となるステージ優勝を飾り、個人総合でも首位に立つ。一方、期待されていたタブリーズ・ペトロケミカルチーム勢は苦手の雨に沈み総合上位から姿を消した。しかし、最大のヤマ場『富士山ステージ』でタブリーズ・ペトロケミカルチーム勢が爆発。優勝候補のポルセイェディゴラコール(タブリーズ・ペトロケミカルチーム)が圧倒的な走りで驚異のコースレコードとなる38分51秒でステージ優勝を飾り、総合でも一躍2位に踊りでる。そして、総合最終決戦となる『伊豆ステージ』でTOJ史上に残る驚異的な走りを披露したタブリーズ・ペトロケミカル勢が、ステージ優勝=ガーデル・ミズバニ・イラグナ、個人総合=ポルセイェディゴラコールとトップを獲り、2014年のツアー・オブ・ジャパンを実質的に手中に収めた。最終の『東京ステージ』は、ニッコロ・ボニファジオ(ランプレ・メリダ)がワールドチームの意地をみせてスプリントを制し、全日程を締めくくった。なお、日本人選手での個人総合最高順位は、10位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)。また、ポイント賞は、グレガ・ボーレ(ヴィーニ ファンティーニ・NIPPO)。山岳賞は、ヒュー・カーシー(ラファ・コンドール・JTL)。新人賞も同じく、ヒュー・カーシー(ラファ・コンドール・JTL)。団体総合時間賞は、タブリーズ・ペトロケミカルチームが獲得した。

17th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 2.65km ウィリアム・クラーク(ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング) 3:14.09
美濃ステージ 160.7km ワウテル・ウィッパート(ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング) 3:47:36
南信州ステージ 148.0km ピエールパオロ・デ ネグリ(ヴィーニ ファンティーニ・NIPPO) 3:55:16
富士山ステージ 11.4km ミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ・ペトロケミカルチーム) 0:38:51
伊豆ステージ 146.4km ガーデル・ミズバニ・イラナグ(タブリーズ・ペトロケミカルチーム) 4:14:13
東京ステージ 112.7km ニッコロ・ボニファジオ(ランプレ・メリダ) 2:22:14
【個人総合順位】
1位 ミルサマ・ポルセイェディゴラコール(タブリーズ・ペトロケミカルチーム) 15:05:01
2位 グレガ・ボーレ(ヴィーニファンティーニ・NIPPO) +1'51"
3位 ガーデル・ミズバニ・イラグナ(タブリーズ・ペトロケミカルチーム) +3'48"

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ