・ブログ

栗村修のワールドツアーへの道

KURIMURA's Blog

国内ロードレースのライブ配信再生回数

101897_01.jpg
世界最大の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」は、今夜からいよいよピレネーでの最終週に突入します。

世界中で多くのファンに支持されている「ツール・ド・フランス」は、世界190か国以上で中継・配信され、その視聴者数は延べ35億人になるともいわれています。

また、フランス国内での視聴率は多い時で「50%」を越える時もあり、文字通り国の威信をかけた国家的「モンスタースポーツイベント」となっています。

一方、まだまだ自転車ロードレースがマイナーコンテンツといえる日本国内に於いては、現状ではどれくらいの視聴者層がいるのでしょうか。

目安となるのは、国内で「ライブ配信」された主要レースの再生回数となるので、以下、再生回数が伸びていた「YouTubeライブ配信レース」をいくつかピックアップしてみました。
(注:ライブ配信動画のみ)

ツアー・オブ・ジャパン2021 富士山ステージ
129,158回(2021年7月13日時点)

ジャパンカップサイクルロードレース2019
125,176回(2021年7月13日時点)

JCL2021真岡芳賀ロードレース
44,522回(2021年7月13日時点)

Jプロツアー2019宇都宮ロードレース
39,803回(2021年7月13日時点)

ライブ配信動画は複数回再生もカウントされるので、ユニーク視聴者数自体は再生回数よりも少なくなります。

ちなみに上記の「ツアー・オブ・ジャパン 富士山ステージ動画」の現時点でのユニーク視聴者数は8.4万人となっているので、単純に解釈すると8.4万人の方が視聴者したことになります。

一方、他のスポーツとの比較という意味では、検索してでてきた「女子ゴルフ」の「ライブ配信動画」がありましたので参考までにこちらを貼り付けておきます。

ニッポンハムレディスクラシック2021
540,187回(2021年7月13日時点)

やはり国内ではメジャースポーツのプロゴルフだけあって、開催から3日しか経っていないにも関わらず50万再生回数を突破しています。

尚、同イベントはテレビでも放映されており、ゴルフファンはテレビ派な気もするので、潜在的な視聴者数をもっともっと大きいでしょう。

一方、見方によっては「ツアー・オブ・ジャパン 富士山ステージ」と比べて現時点で4〜5倍程度の開きしかないとも言え、開催費用や中継費用はTOJの方が圧倒的に安いはずなので、自転車ロードレースが現時点に於いて「コスパの良い」スポーツコンテンツの一つであることも間違いないと思われます。

100075_45.png100282_24.png

100075_15.png100075_46.png100075_47.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100282_12.png100282_29.png100075_28.png100075_40.png100075_32.png100282_11.png100075_33.png100075_34.png100282_08.png100075_30.png100075_36.png100282_25.png100282_18.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCステップライド

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ