・ブログ

がめんだイラストブログ

Gamenda

カヨォンバットさんのJLTコンドールチーム紹介

いよいよTOJ開幕目前!カヨォンバットさんからプチ情報入りのJLTコンドール紹介です♪

開催目前となりました、ツアー・オブ・ジャパン2018。
今年も国内外の16チーム(海外8チーム、国内8チーム)が出場し、8ステージ・総走行距離764.0km・総獲得標高12,982mでの戦いになります。

今回は、海外チームの中で4年ぶりに日本に帰ってくるチームを紹介します。みなさんは覚えているでしょうか?黒いウェアに身を包み、「メン・イン・ブラック」と紹介されていた、「Rapha Condor JLT」(現チーム名はJLT Condor)を。
その当時は、平均年齢20.5才の若いメンバーで構成され、旋風を巻き起こしたことで印象に残っている方も多いのでは?

101263_08.jpg
101263_09.jpg
カヨォンバットは堺ステージの前日にウェルカムパーティーに参加して、選手たちの若さに圧倒されたことを思い出します(笑)

101263_01.jpg
特に、弱冠19才だったヒュー・カーシー(現在は、ワールドチームのEFエデュケーションファースト・ドラパック(アメリカ)に所属)が、新人賞と山岳賞を獲得して大いに話題となりましたよね。

101263_10.jpg
今回は「JLT Condor」となっての出場となりますが、どんな走りを見せてくれるか楽しみです!そこで、来日が濃厚な選手を紹介したいと思います。
(photo&text提供:Condorcyclesjp)

101263_11.jpg
101263_12.jpg
★トーマス・スチュワート
先日のツール・ド・ノルマンディでメンバー2人を失いながらも総合優勝を果たしたトム。急勾配の道が多いヨークシャー出身の28歳。長身、アイウェアの下には甘いマスクも。逃げを作るのが得意、しかもスプリントも登りもいけるという文字通りのオールラウンダー。レース序盤から目の離せないライダーです。

101263_02.jpg
★イワン・ビビ―
チームJLTコンドルの大黒柱のひとり、英ナショナル・クリテリウム・チャンピオン、ナショナル・シクロクロス・チャンピオンなど数々の晴れがましい戦績を持ち、ベテランの風格も漂わせてきた31歳「ビブス」ことイアン・ビビー。ツール・ド・ヨークシャーなどではワールドツアー選手を凌ぐ走りを見せるオールラウンダー、年初のニュージーランド・サイクル・クラシックではステージ優勝とポイント賞、総合では2位、山岳賞では3位をおさめています。
戦機を読むのが得意なビブス、レースコントロールからの仕掛けに期待しましょう。

101263_03.jpg
★エドモンド・ブラッドベリ―
ケンブリッヂ大学で脳神経科学を専攻していたエド、25歳。TTスペシャリストのオールラウンダーで、主には英国外のステージレースでエースを支えていきます。エドのインスタアカウントには、去年の台湾KOMチャレンジで5位に入った際のポストなどが見られますが、合間に見られる料理やプロ級のケーキの写真は本人作! 日本からのポストも楽しみです。

101263_04.jpg
★ジェームズ・グレン
3月末のツール・ド・ノルマンディでは、トムのイエロージャージを守るために献身的にプロトンを引きまくってアタックを防いだ姿が多くの人に強い印象を残したジェームズ・グレン。名サイクリストを輩出しているヨークシャー出身、28歳。タイムトライアルが得意でアシスト役を多くこなしますが、ステージレースでの総合優勝を狙うポテンシャルも。無精髭を生やしていることが多いようです。

101263_05.jpg
★オリヴァー・ウッド
チーム・ウィギンスから今シーズン移籍してきた22歳の若手トラック&ロードレーサー、オリー。紺とエンジのチームキットに袖を通して間もなく、1月の英ナショナル選手権スクラッチ競技で金メダル。昨年にはヨーロッパ選手権U23で金メダルも獲得している。主にステージレースに参加していく予定だが、オリーが見据えているのは2020年東京オリンピックのトラック競技。2年後に何枚金メダルを穫れるか、今からご注目を!

101263_06.jpg
★エドワード・ラヴェラック
無名選手だった十代の頃からジョン・へリティ監督の元で修行を続けてきたエドワード・ラヴェラック。2014年にはラファ−コンドルJLTとしてTOJに参戦している。丘の多い南ウェールズ出身で山岳に強く、アグレッシブなアタックが持ち味。エドは英プロロードレーサー界きってのユーチューバー。プロ選手の日常をかなりリアルに紹介している。

101263_07.jpg
今回も個性溢れる選手が揃っていますね!しかもイケメン揃い(笑)そして、使用するバイクはもちろんCondorBIKE。

101263_13.jpg
ちなみに、東京ステージ終了後にはアフターパーティーも予定されていますので、ぜひチェックしてみてください。主催は、国内で唯一CondorBIKEを取り扱っている、アヴァンサイクルさんです

101263_14.jpg
※写真は2014年のアフターパーティーのものです
また、チームでは日本のファンに向けてFacebookとInstagramを開設していますので、この機会にぜひチェックしてみてください!

★Facebook:https://www.facebook.com/condorcyclesjp/
★Instagram:https://www.instagram.com/condorcyclesjp/

NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png100075_25.png

100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100075_35.png100075_27.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100075_13.png100075_28.png100075_36.png100282_25.png100075_33.png100075_34.png100075_29.png100075_32.png100075_30.png100075_14.png100075_31.png100282_04.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
BS日テレスポーツブルプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ