・ブログ

がめんだイラストブログ

Gamenda

カヨの全日本選手権レポート(前編)

ただいま絶賛ツールドフランス開催中ですが、先月行われた全日本選手権をふりかえりレポート。

先週ご紹介したガンクマさんも行くと言っていた全日本選手権、ちょうどウォンバットのカヨさんも行ってきたそうです。数回にわたってカヨさんのレポートをご紹介します。

100430_01.jpg
人生2度目の全日本選手権に行ってきました。アンダーのレースも見たかったので、土曜日の朝イチに愛媛から飛行機で出発!今回の舞台は、那須。栃木県はジャパンカップの時に宇都宮までは行った事がありましたが、那須は初めて足を踏み入れます。東京からの新幹線だと、宇都宮の隣なんですね。

100430_03.jpg
那須塩原に到着したら、なんとアルプスホルンの演奏のおもてなしが。気分も盛り上がりますね。会場に向かう前に、まずは荷物をホテルに預けに。ホテルに到着すると、、びっくり!なんと、宇都宮ブリッツェンとブリジストンアンカーとEQADSのみなさんと一緒のホテルでした。
ブリッツェンのみなさんは、ちょうど玄関前でみなさんローラー中。ローラーに乗ってる鈴木真理選手と側には栗村さんがいる!!もうそれだけでお腹一杯で、ささっとご挨拶して、そそくさと荷物を預けて会場に向かいました。

100430_06.jpg
会場へは黒磯駅からのシャトルバスを利用します。前週のタイムトライアルの時にもシャトルバスが出ていて、ひとり500円でチケットを購入すると今回のロードレース2日間も合わせて3日間フリーパスで会場までのシャトルバスに乗る事が出来るというもの。私たちも2日間しっかり活用させてもらいました。

シャトルバスの発着所から歩いて会場に向かい、まずは大会のイベント会場「余笹川ふれあい公園」へ。生憎のお天気だったので思ったより人は少なめだったかなーという感じでしたが、いろいろなメーカーのブースや飲食ブースが出ていて、見てるだけでワクワク。ちょうど小腹が空いたので飲食ブースに寄って、ソーセージやベーコンの盛り合わせを。ビールが飲みたくなる美味しさでした。

100430_04.jpg
それから、U23のレースを沿道で応援しながらメイン会場に移動。ちょうど私の地元、愛媛の選手が逃げているところに遭遇したので、早速レース観戦モードにスイッチが入りました!メイン会場には、宮澤崇史さんが出店されていたbravo cafeやTOJでもお馴染みの、Raphaルイゾンが。宮澤さんのcafeは、土日とも大人気で列が絶え間なく続いていました。宮澤さんが自ら淹れてくれたカプチーノ、美味しかったなー。

100430_05.jpg
そした、観戦友達と会場で合流してコースへ。翌日のエリートの下見も兼ねて、沿道を進んでいると、お馴染みのブリッツェンサポーターのみなさんに遭遇。そして、現在はブリジストンサイクルに勤務されているミヤタカこと、清水都貴さんも!なんでも、翌日会社の観戦バスツアーのアテンドをするということで下見に来られていたようです。なんと贅沢な!ということで、暫く一緒に観戦させていただきました。ズバリ、翌日のエリートは誰が勝ちますかねーなんて質問したりと、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

100430_02.jpg
そうこうしていると、そろそろU23のゴールの時間。今年のU23を制したのは、京都産業大学の中井選手。注目していた、鹿屋体育大学の黒枝咲哉選手は惜しくも2位。翌日のエリートのレースを前に、なかなかアツいレースでした。

1日目から盛りだくさんで、少々お疲れ気味。翌日に備えて早々にホテルに戻ると、ブリジストンアンカーの井上選手とばったり。いつもの穏やかな雰囲気に癒されました。そして、ツアーオブジャパンにJAPANチームで出場していた、EQADSの面手選手にも遭遇。思わず、「東京ステージでの逃げがカッコよかったです!!」と告白チックなことをしてしまいました(笑)「明日もがんばります!」とこれまた爽やか。明日も楽しくなりそうです。

このページの先頭へ