・ブログ

ステージマネージャーブログ

TOJ Stage Manager Blog

堺ステージを楽しむ Vol.2 ~ 「堺の甘味処」 ~

堺ステージ実行委員会

江原政光

100237_01.png

あの黒田官兵衛も鉄砲を買いに来た堺。

その堺は千利休が生まれた「お茶のまち」でもあります。

となれば、お茶に合うお菓子も発展するのは必然です。

今回は、そんなお店を紹介します。

【けし餅】 小島屋さん
一見すると、中華料理のごま団子に似た感じですが、お餅の周りに付いているのは「けし」の実です。その歯ごたえと、お餅の甘みがベストマッチ。室町時代から愛されてきた味です。

【もなか】 南曜堂さん
お茶に合うと言えば「もなか」ですね。堺にちなんだ形のもなかもありますので、お土産にもオススメ。お土産とは別にバラ売りのもなかもありますので、帰りの道中で味見をしましょう。あまりの美味しさに、お土産分まで食べてしまわないようにご注意ください。

【くるみ餅】 かん袋さん
クルミの実でできているようなネーミングですが、お持ちをあんこでくるむことからその名前が付いています。個人的には夏に食べるかき氷と一緒に食べるのが超お勧めです!お店の名前の由来も興味深い所です。

千利休をもっと知るのに、最もふさわしい施設が2015年3月20日堺にオープンしました。

できたてホヤホヤ(←死語でしょうか?)です。堺の観光の拠点として整備されました。まずは足を運んでみてはいかがでしょう。

【さかい利昌の杜】

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ