・ブログ

・ブログ

Official Blog

美濃ステージのご紹介

美濃ステージ・マネージャー

岩佐和信

美濃ステージ・マネージャーの岩佐和信です。

2007年の「第11回ツアー・オブ・ジャパン」から加わった「美濃ステージ」は、今年で8回目を迎えます。

毎年、重要伝統的建造物群保存地区、美濃和紙あかりアート展の会場でもある「うだつの上がる町並み」をスタートし、本部のある「美濃和紙の里会館」にゴールします。

100261_01.jpg
スタートの「うだつのあがる街並み」

100261_02.jpg
ゴールの「美濃和紙の里会館」

コースはパレードを含めた11.6kmと清流長良川コースなど21.6kmを6周の全長139.4kmで、とくに新緑の山岳コースは3kmかけて争われ、選手の駆け引きを見ることが出来るなど、見どころがいっぱいです。

100261_03.jpg
「山岳ポイント」

また、美濃和紙の里会館のお隣の芝生広場では、観戦者の皆さんをお迎えする「おもてなしコーナー」を設けて、美濃市の特産品を販売するコーナーや五平餅、鮎の塩焼き、豚汁など無料で提供しており、多くの皆様に美味しく、楽しく観戦していただいています。

100261_04.jpg
「おもてなしコーナー」

昨年11月には、「本美濃紙」がユネスコ無形文化遺産登録されました。

この「本美濃紙」は、昔から美濃和紙の里会館周辺に職人が多いことはもちろん、美濃和紙の里としても有名です。

なお、美濃和紙の里会館では、本美濃紙の紙漉き実演や体験もできます。
100261_05.jpg
100261_06.jpg
「本美濃和紙 紙漉き実践」

美濃ステージ当日、5月20日(水)には、美濃和紙の里会館にて紙漉き体験も行います。

みなさま、どうぞ「ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージ」にお越しくださいね!

100282_20.png100075_49.png

100075_54.png100075_46.png100282_22.png100282_26.png100075_58.png100075_47.png100282_19.png100282_09.png100075_28.png100282_07.png100282_12.png100075_59.png100075_57.gif100075_13.png100075_15.png100282_08.png100075_51.png100075_55.png100282_11.png100282_25.png100075_33.png100075_30.png100075_36.png100075_52.png

UCI ASIA TOURJCF CYCLEーJKA SOCIAL ACTIONMPCCRoad l'avenir

facebookXYouTubeInstagram
KEIRIN TOJ公式サイトは競輪の補助を受けて制作しています。

このページの先頭へ