メニュー

TOJ ヒストリー

History

2nd TOUR OF JAPAN

1997年5月11日~18日

日本版ツール・ド・フランスへ。ボウエンが組織力を擁して初優勝。

2nd TOUR OF JAPAN

大会の重要度を示すカテゴリーが1ランク上がり、第4クラスとなったツアー・オブ・ジャパンは、移動日を含んで8日間、全6ステージでの戦いとなった。さらにトレードチームと呼ばれる欧米のプロチームが参加するようになり、大会ステータスはこの年、飛躍的にグレードアップした。レースは初日の大阪ステージでスプリンターのジェイ・スウィートが圧勝。しかしリーダージャージは鈴鹿でドイツのグリッシャ・ニールマンに、そして勝負どころの修善寺を制したバート・ボウエンに移った。ボウエンを擁するアメリカのサターンチームは、鉄壁のアシスト態勢をしいて後半の山岳ステージ、宇都宮へ。アシスト陣の援護を受けたボウエンは、タイム差なしの2位に入って個人総合優勝を確定的にした。最終日の東京ステージは事実上の凱旋パレードとなった。

2nd TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km ジェイ・スウィート(ZVVZ) 3:03:06
鈴鹿ステージ 146.6km ブレット・デニス(ZVVZ) 3:26:04
修善寺ステージ 136km バート・ボウエン(サターン) 4:02:47
富士ステージ 134.1km フランク・モレール(ブリヂストン) 3:04:37
宇都宮ステージ 154.5km ピョートル・ワデツキ(ムロズ) 4:12:04
東京ステージ 147.2km ジェイ・スウィート(ZVVZ) 3:35:22
【個人総合順位】
1位 バート・ボウエン(サターン) 21:23:00
2位 リカルド・フェラーリ(日本鋪道) +1:17
3位 ピーター・ロジャース(ZVVZ) +1:52

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ