メニュー

TOJ ヒストリー

History

3rd TOUR OF JAPAN

1998年5月17日~24日

ボウエンからマコーマックにエースをチェンジしたサターンチームが圧勝。

3rd TOUR OF JAPAN

第3回ツアー・オブ・ジャパンには、前年の覇者バート・ボウエンが登場。個人総合の連覇をねらって挑んだ初日の大阪ステージでは、チームメートのマイケル・マッカーシーが制して、サターンチームとしては幸先のいいスタートを切った。リーダージャージを着たマッカーシーは鈴鹿も難なくそれを守り、山岳ステージでボウエンに譲ると予想され、ライバルチームの誰もがボウエンをマーク。ところがサターンは、ボウエンを集団の中に温存させ、アシスト役のフランク・マコーマックをアタックさせるといった戦法を取った。ライバルチームがボウエンをマークしているすきに、マコーマックは独走勝利を決め、総合成績でも一躍トップに立った。サターンチームとしてはチーム内から総合優勝者を出すことが唯一の目標だったのだ。マコーマックはそのまま最終ステージまで逃げ切るが、まさにチーム戦略の重要さを見せつけた勝利だった。

3rd TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km マイケル・マッカーシー(サターン) 3:09:10
鈴鹿ステージ 146.6km マルクス・ユーングクイスト(カンティナトッロ) 3:28:31
修善寺ステージ 136km フランク・マコーマック(サターン) 4:06:57
富士ステージ 134.1km エリック・ポティロン(日本鋪道) 3:13:19
宇都宮ステージ 154.5km クリスチャン・ウェグマン(ディコンチネンタレ) 4:05:40
東京ステージ 147.2km マイケル・マッカーシー(サターン) 3:28:24
【個人総合順位】
1位 フランク・マコーマック(サターン) 21:35:21
2位 ヤロスラフ・ビレク(ZVVZ-DLD) +2:15
3位 アンドレアス・ワルツァー(ディコンチネンタレ) +2:19

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ