メニュー

TOJ ヒストリー

History

4th TOUR OF JAPAN

1999年5月16日~23日

初登場の奈良を制したシピカウスキが東京までグリーンジャージを死守。

4th TOUR OF JAPAN

鈴鹿に変わって奈良、富士に変わって茂木が加わったこの年、イタリアから強豪チームのカンティナトッロとポルティが来日し、ハイレベルな争いとなった。大阪ではスプリンターのモレノ・ディビアゼが勝利して、リーダージャージを手中にするが、翌日の奈良でステージ勝利したムロズのアンドレ・シピカウスキに総合トップは変わっていく。ムロズチームは勝負どころの修善寺、宇都宮と鉄壁のアシスト態勢でシピカウスキを援護し、わずか4秒差で逃げ切った。宇都宮ステージでプロ初勝利を挙げたカンティナトッロのジャンパオロ・モンディニは、2カ月後のツール・ド・フランスでステージ優勝して、スター選手の仲間入りを果たした。そのときにツアー・オブ・ジャパンのIDカードをお守りにして持ち歩いていたことも報道された。ムロズチームはシピカウスキを最後まで援護し続け、エースを総合優勝に導いた。

4th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km モレノ・ディビアゼ(カンティナトッロ) 3:01:09
奈良ステージ 146.75km アンドレ・シピカウスキ(ムロズ) 3:52:38
修善寺ステージ 146.4km ニック・ゲーツ(ディコンチネンタレ) 4:33:06
茂木ステージ 153.36km グレーム・ミラー(ニュージーランド) 3:45:28
宇都宮ステージ 151.3km ジャンパオロ・モンディニ(カンティナトッロ) 4:16:01
東京ステージ 147.2km ブライアン・ウォルトン(サターン) 3:16:59
【個人総合順位】
1位 アンドレ・シピカウスキ(ムロズ) 22:54:51
2位 デニス・ルンギ(チームポルティ) +3
3位 ニック・ゲーツ(ディコンチネンタレ) +4

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ