・レース情報

ヒストリー

History

6th TOUR OF JAPAN

2001年5月20日~27日

ムロズのニエツビエツキが初日からグリーンジャージを独占して優勝。

6th TOUR OF JAPAN

このツアー・オブ・ジャパンを重要視するポーランドのムロズチームが、初日から鉄壁の作戦を仕掛けてきた。強力なチームメートの援護を受けて、スプリンターのパベル・ニエツビエツキが大阪ステージで優勝。リーダージャージを獲得した。続く奈良ステージは、アップダウンのあるコースにも関わらず、大ベテランのスプリンター、グレーム・ミラーが優勝。この日も首位をキープしたニエツビエツキは、移動日をはさんで行われる最難関の修善寺ステージを最大の勝負どころとにらんでいた。その修善寺ステージは、土砂降りの雨が降りつける悪天候にたたられ、タッコーニスポーツのパトリック・カルカーニが優勝したが、ニエツビエツキが堅実な走りでゴールし、グリーンジャージを死守。そのまま東京まで逃げ切ることになる。日本勢は21秒差の4位に橋川健が食い込んだ。

6th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km パベル・ニエツビエツキ(ムロズ) 3:01:54
奈良ステージ 127.6km グレーム・ミラー(ニュージーランド) 3:07:24
修善寺ステージ 122km パトリック・カルカーニ(タッコーニスポーツ) 3:52:15
茂木ステージ 153.36km カジメシュ・スタフィエイ(ムロズ) 3:39:41
宇都宮ステージ 154.5km ラルス・トイテンベルク(リジダ) 4:07:47
東京ステージ 155.1km グラム・ブラウン(オーストラリア) 3:30:36
【個人総合順位】
1位 パベル・ニエツビエツキ(ムロズ) 21:22:37
2位 ピエトロ・ズッコーニ(タッコーニスポーツ) +21
3位 スコット・デイビス(オーストラリア) +21

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ