メニュー

TOJ ヒストリー

History

7th TOUR OF JAPAN

2002年5月19日~26日

最終日の東京でクリミエンコ逆転優勝。日本の福島と鈴木がステージ優勝!

7th TOUR OF JAPAN

総合トップは大阪でヤン・ホールダイク、奈良で連覇をねらったパベル・ニエツビエツキ、修善寺でベルト・スケアリンクス、宇都宮でシモーネ・モーリとめまぐるしく変わった。平坦ステージの東京でのタイム差はつきにくいことから、このままモーリの優勝かと思われたが、最終日にムロズ勢が攻撃を仕掛けてきたことでモーリが先頭集団から脱落し、アレクサンダー・クリミエンコが逆転で総合優勝を決めた。6区間で5人が緑色のリーダージャージを奪い合うという大激戦が展開されたのだ。宇都宮ではブリヂストン・アンカーの福島晋一が3選手によるゴールスプリントを制して初優勝。日本勢のステージ勝利は、第1回で今中大介が記録して以来6年ぶり2回目。さらに東京ではシマノの鈴木真理がゴール勝負で優勝。翌年への可能性を残すフィナーレだった。

7th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km ヤン・ホールダイク(アクサ・VVZ) 2:57:09
奈良ステージ 146.2km ベルト・スケアリンクス(RDMフランダース) 3:49:40
修善寺ステージ 120km アレクサンダー・クリミエンコ(ムロズ) 3:29:56
茂木ステージ 148.56km シュテファン・ガンゼール(コムネット) 3:31:10
宇都宮ステージ 154.5km 福島晋一(ブリヂストン・アンカー) 4:12:04
東京ステージ 155.1km 鈴木真理(シマノ) 3:30:24
【個人総合順位】
1位 アレクサンダー・クリミエンコ(ムロズ) 21:31:36
2位 シモーネ・モーリ(ジュラスイス) +26
3位 ベルト・スケアリンクス(RDMフランダース) +34

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ