・レース情報

ヒストリー

History

8th TOUR OF JAPAN

2004年5月23日~30日

ブリヂストンの福島晋一が日本勢として初の総合優勝を達成。

8th TOUR OF JAPAN

日本勢が主導権を握った戦いが繰り広げられた。奈良で3人が抜け出し、ゴール前で別府匠が福島晋一、廣瀬敏に競り勝って初のステージ優勝を飾り、日本勢として初めての総合1位に。最難関の修善寺でもライバルチームの攻撃を封じ込め、区間5位でゴールした別府がリーダージャージを死守した。そして最後の決戦の舞台となる宇都宮へ。首位の別府と2秒差の福島はこの日、スタート直後から勝負を仕掛けた。他の有力選手も攻撃を仕掛け、愛三工業のアシスト陣は連日のハードワークを余儀なくされ、力が尽き果てて脱落していく。別府のアシストは早い機会からなくなり、自らも全力で集団の先頭を走るしかなかった。結局区間1位と同タイムの3位に入った福島が総合成績で別府を逆転してトップに立った。最終日の東京はブリヂストンチームが完璧なアシストをこなし、日本勢初の総合優勝を福島が達成した。

8th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 96.8km マリウス・ヴィズィアック(チームNIPPO) 2:09:23
奈良ステージ 146.2km 別府匠(愛三工業) 3:02:10
修善寺ステージ 120km ドーピング違反により抹消
茂木ステージ 148.56km アンドレ・シュルツ(VCフランクフルト) 3:35:36
宇都宮ステージ 154.5km ドーピング違反により抹消
東京ステージ 149.1km ステファノ・グエリーニ(チームNIPPO) 3:25:50
【個人総合順位】
1位 福島晋一(ブリヂストン・アンカー) 20:07:56
2位 ドーピング違反により抹消
3位 クリスティアン・ホイレ(マカンディナ) +15

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ