メニュー

TOJ ヒストリー

History

10th TOUR OF JAPAN

2006年5月14日~21日

ウクライナのデュマが鉄壁のアシスト陣の援護を受けて東京まで逃げ切る。

10th TOUR OF JAPAN

10回目の開催となる大会は初日の大阪で「アジアの虎」というニックネームを持つホンコン・チャイナの黄金宝がゴール勝負を制して優勝し、そのままリーダージャージを着用した。翌日の奈良ステージではウラジミール・デュマが抜け出して区間優勝するとともに、総合成績で貴を逆転してトップに立った。南信州でもデュマのアシスト役であるディヌッチが、与えられた役割をきちんとこなした上でステージ勝利した。日本勢は富士山での山岳タイムトライアルで浮上した狩野智也が、翌日の伊豆でも積極的な走りを展開して区間2位に。最終的に日本勢最高の総合4位で東京にゴールするが、悲願の初優勝は手中にできなかった。デュマはベロフォシクスらチームメートが鉄壁のアシストをして東京ステージまでグリーンジャージを守り切った。山岳賞はオーガスティン、ポイント賞は鈴木真理が最終日の中間スプリントポイントをことごとくトップ通過して逆転で獲得した。

10th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km 黄金宝(ホンコンチーム) 3:06:18
奈良ステージ 146.2km ウラジミール・デュマ(ユニバーサルカフェ) 3:52:16
南信州ステージ 155.3km ダニエレ・ディヌッチ(ユニバーサルカフェ) 4:11:17
富士山ステージ 11.4km[TT] ジョンリー・オーガスティン(コニカミノルタ) 40:56
伊豆ステージ 110.48km マシュー・ロイド(サウスオーストラリアドットコム) 3:12:26
東京ステージ 148.9km ライビス・ベロフォシクス(ユニバーサルカフェ) 3:09:06
【個人総合順位】
1位 ウラジミール・デュマ(ユニバーサルカフェ) 18:15:045
2位 ジョンリー・オーガスティン(コニカミノルタ) +16
3位 アンドレイ・ミズロフ(カペック) +1:09

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ