・レース情報

ヒストリー

History

11th TOUR OF JAPAN

2007年5月20日~5月27日

NIPPOの宮澤と新城がステージ優勝。F・マシャレッリが総合優勝を決める。

11th TOUR OF JAPAN

スタートの会場となった大阪ステージは快晴に恵まれた。この第1ステージで優勝を飾ったのはNIPPO・梅丹の宮澤崇史。2位にはアシスト役の新城幸也が入り、日本選手がワンツーフィニッシュを飾った。続く奈良ステージはアタック合戦が続き、スプリンターのイグリスキーが優勝した。今大会で新たなステージに加わった美濃ステージでは宮澤が落車したものの、1位のF・マシャレッリに続き2位には新城が入った。南信州ステージでは柿沼章、南アフリカのハルマン・フーチーと逃げた福島康司が山岳賞を獲得。イグリスキーが2勝目を挙げるとともに総合1位に浮上。続く富士山ステージは雨が降り、強風が吹き荒れる中で行われた。個人TTを制したのはF・マシャレッリ、2位に2分以上差をつけて総合1位に上がる。東京ステージでマシャレッリはそのまま逃げ切り総合優勝。そして、新城がステージ初優勝を遂げた。山岳賞はディアチェンコ、ポイント賞はイグリスキーが獲得した。

11th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km 宮澤崇史(NIPPO・梅丹) 2:59:27
奈良ステージ 146.2km バレンティン・イグリスキー(カザフスタン) 3:44:12
美濃ステージ 164.7km フランチェジスコ・マシャレッリ(アクアサポーネ) 4:02:59
信州ステージ 155.3km バレンティン・イグリスキー(カザスタン) 4:17:09
富士ステージ 11.4km[TT] フランチェスコ・マシャレッリ(アクアサポーネ) 0:41:38
伊豆ステージ 128.5km クリス・フルーム(コニカミノルタ) 3:52:26
東京ステージ 148.9km 新城幸也(NIPPO・梅丹) 3:08:24
【個人総合順位】
1位 フランチェスコ・マシャレッリ(アクアサポーネ) 22:47:16
2位 バレンティン・イグリスキー(カザフスタン) +1:57
3位 アレクサンドル・ディアチェンコ(カザフスタン) +2:24

20thTOJ
NTN

100282_20.png100282_21.png100282_24.png
100075_23.png100282_22.png100282_26.png100282_03.png100282_19.png100282_09.png100282_07.png100075_15.png100282_12.png100282_29.png100282_11.png100282_15.png100282_08.png100282_14.png100282_17.png100075_13.png100075_20.png100282_25.png100282_23.png100282_30.png100282_05.png100282_13.png100075_14.png100282_04.png100282_18.png100075_21.png

UCI ASIA TOURJCF 競輪&オートレースの補助事業MPCC
日本テレビプロの観戦者への道SBAA スペシャルサイト

facebookTwitterYouTubeInstagram

このページの先頭へ