メニュー

TOJ ヒストリー

History

12th TOUR OF JAPAN

2008年5月18日~5月25日

チームの総合力を見せつけて
キャメロン・マイヤーが逆転優勝

100095_01.jpg

サウスオーストラリアドットコム勢は堺、奈良と連勝し、第4ステージの南信州までに区間3勝とそのパワーを見せつけていた。それに日本勢としての意地を見せたのが、大会3日目の福島晋一だった。04年に日本選手として初の総合優勝を達成している福島は、残り8kmほどの地点で先頭集団から飛び出し、一時は捕まったものの、再びアタックをかけて6年ぶりの区間勝利を手に入れた。総合優勝争いは勝負どころの富士山でソウルサイクリングの孔孝錫が好タイムで首位に。しかし翌日の伊豆で脱落。ここで区間4位に入って総合1位に躍り出たキャメロン・マイヤーが、最終日の東京もチームメートの援護を受けて逃げ切った。

12th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
大阪ステージ 140.8km ザッカリ・デンプスター(サウスオーストラリアドットコム) 3:05:56
奈良ステージ 146.2km ウェズリ・サルツバーガー(サウスオーストラリアドットコム) 2:54:32
美濃ステージ 164.7km 福島晋一(梅丹本舗・GDR) 3:34:14
信州ステージ 155.3km サイモン・クラーク(サウスオーストラリアドットコム) 3:53:27
富士ステージ 11.4km[TT] ビンチェンツォ・ガローファロ(NIPPO・エンデカ) 0:43:01
伊豆ステージ 112.5km アレクサンドル・オーラ(Aスタイルソムン) 3:01:49
東京ステージ 148.9km マルチン・ゲンプカ(ムロズ・アクション・ユニカ) 3:01:40
【個人総合順位】
1位 キャメロン・マイヤー(サウスオーストラリアドットコム) 20:16:21
2位 ジェイ・クロフォード(トレック・マルコポーロ) +2
3位 ビンチェンツォ・ガローファロ(NIPPO・エンデカ) +44

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ