メニュー

TOJ ヒストリー

History

13th TOUR OF JAPAN

2009年5月17日~5月24日

富士山を制したパルデイーヤ。その貯金を利して逃げ切り優勝。

13th TOUR OF JAPAN

仁徳陵古墳前を周回するコースに刷新された堺で、まずは豪州のハワードが優勝。奈良ではホンコンチャイナの黄金宝が絶妙なタイミングで飛び出して優勝した。しかし勝負どころとなる富士山ステージで、山岳スペシャリストのパルデイーヤがコースレコードを更新。一気に総合トップに躍り出た。ハワードは美濃と東京で、チームメートのボブリッジも南信州と伊豆で優勝したが、富士山で圧倒的なタイム差を稼ぎ出したパルデイーヤを脅かすことはできず。バルデイーヤが残りのステージを余裕のある走りで終え、そのまま総合優勝した。総合2位にも富士山で区間2位に入った韓国のヒョソクが食い込んだ。

13th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 102.6km リー・ハワード(チームAIS) 2:26:02
奈良ステージ 121.2km 黄金宝(ホンコンチャイナ) 2:56:02
美濃ステージ 160.7km リー・ハワード(チームAIS) 3:39:16
南信州ステージ 148.0km ジャック・ボブリッジ(チームAIS) 3:54:16
富士山ステージ 11.4km[TT] セルヒオ・パルデイーヤ(カルミオーロ・Aスタイル) 0:40:21
伊豆ステージ 96.0km ジャック・ボブリッジ(チームAIS) 2:45:12
東京ステージ 112.7km リー・ハワード(チームAIS) 2:16:25
【個人総合順位】
1位 セルヒオ・パルデイーヤ(カルミオーロ・Aスタイル) 18:39:10
2位 ゴン・ヒョソク(ソウルサイクリング) +1:51
3位 ディミトリ・フォフォノフ(カザフスタン) +2:12

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ