メニュー

TOJ ヒストリー

History

14th TOUR OF JAPAN

2010年5月16日~23日

チーム戦略力をバックにサレルノが総合優勝。鈴木はステージ優勝を飾る。

14th TOUR OF JAPAN

個人TTの堺でマイケル・シューが今大会初のグリーンジャージ着用者となった。奈良では最後にサレルノが宮澤を振り切り、ゴールスプリントの美濃を制したのはクチノッタ。南信州では鈴木真理が日本人として2年ぶりのステージ優勝。総合でもトップに立ったが、続く難関の富士山でサレルノが余裕の勝利を挙げ、総合でも1位。伊豆はグリーンジャージを擁するデローザがチーム力で総合2位のミズロフを封じ込め、東京ステージまでサレルノのグリーンジャージを守りきった。最後まで鮮やかなチーム戦略を発揮した。サレルノは山岳賞も獲得。ポイント賞はマシュー、チーム優勝はカザフスタンとなった。

14th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 2.65km[TT] マイケル・マシュー(チームジャイコ・スキンズ) 3:14.31
奈良ステージ 121.2km クリスティアーノ・サレルノ(デローザ・スタックプラスチック) 2:33:21
美濃ステージ 160.7km クラウディオ・クチノッタ(デローザ・スタックプラスチック) 3:42:35
南信州ステージ 148.0km 鈴木真理(シマノレーシング) 3:59:35
富士山ステージ 11.4km クリスティアーノ・サレルノ(デローザ・スタックプラスチック) 0:40:49
伊豆ステージ 97.6km クリスチャン・ハウス(ラファコンドール・シャープ) 2:50:44
東京ステージ 112.7km クラウディオ・クチノッタ(デローザ・スタックプラスチック) 2:17:21
【個人総合順位】
1位 クリスティアーノ・サレルノ(デローザ・スタックプラスチック) 16:08:20
2位 アンドレイ・ミズロフ(カザフスタンナショナルチーム) 16:10:05
3位 アレクサンドル・シュシェモイン(カザフスタンナショナルチーム) 16:10:35

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ