メニュー

TOJ ヒストリー

History

15th TOUR OF JAPAN

2012年5月20日~27日

バリアーニが総合優勝。東京ステージで西谷泰治がステージ優勝を果たす。

100092_01.jpg

2年ぶりの開催となった「ツアー・オブ・ジャパン」は、堺、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京の6ステージで開催。個人TTの堺では、ウィル・クラーク<チャンピオンシステム>が勝利し、グリーンジャージを獲得。続く美濃では、<チャンピオンシステム>がチーム力を生かしながら集団をコントロールするも、最後スプリントで<チームNIPPO>マキシミリアーノ・リケーゼがトップでゴール。南信州では<チームNIPPO>が実力を見せつけるかのように集団を引き離し、ジュリアン・アレドンドモレノがステージ優勝。富士山のヒルクライムでは、バリアーニ、アレドンドモレノの両選手が断突の強さを見せつけ、最後はバリアーニが勝利。この時点で総合2位以下に大差をつける。伊豆では、ステージ優勝を目指す日本勢が序盤にリードするものの、<香港チーム>ワン・カンポーが勝利。日本人の活躍を願いながら臨む最終ステージ東京では、大井埠頭周回コースの強い風の中、ラストスプリントを征した<愛三工業レーシングチーム>西谷泰治がゴールで高らかに腕を上げた。しかしながら、グリーンジャージは<チームNIPPO>のフォルッナート・バリアーニが守り続け個人総合を制した。また、山岳賞は同じ<チームNIPPO>のジュリアン・アレドンドモレノ、チーム優勝は<チームNIPPO>が飾り、その強さを見せつける結果となった。

15th TOUR OF JAPAN WEB SITE

【ステージ優勝】
堺ステージ 2.65km ウィル・クラーク(チャンピオンシステム・プロサイクリングチーム) 3:19:31
美濃ステージ 160.7km マキシミリアーノ・リケーゼ(チームNIPPO) 3:49:26
南信州ステージ 148.0km ジュリアン・アレドンドモレノ(チームNIPPO) 3:58:37
富士山ステージ 11.4km フォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO) 0:40:23
伊豆ステージ 146.4km ワン・カンポー(香港チーム) 4:32:10
東京ステージ 112.7k 西谷泰治(愛三工業レーシングチーム) 2:23:21
【個人総合順位】
1位 フォルッナート・バリアーニ(チーム NIPPO) 15:28:26
2位 ジュリアン・アレドンド モレノ(チーム NIPPO) 15:28:48
3位 ヤロスラフ・ダブロフスキ(アモーレ・エ・ヴィータ) 15:31:49

20thTOJ
NTN
100282_20.png100282_21.png100282_24.png

UCI ASIA TOURJCF MPCC100075_09.png
プロの観戦者への道facebookInstagramYouTubeTwitter
夢への補助輪KEIRIN Official WebsiteSBAA スペシャルサイト東日本復興支援サイクリング CYCLE AID JAPAN

このページの先頭へ